所沢市で設置

所沢市の太陽光発電導入制度

東日本大震災が起こり、原子力発電が絶対に安全で安心できるエネルギー生産方法ではないと知ってから、人々の関心は自然エネルギーに向き始めました。
その最たるものが太陽光発電であり、これからも無尽蔵の太陽光を活かしてエネルギーを作ることは、さらなる研究や技術開発で進んでいくと思われます。
埼玉県の所沢市では、住宅に一つでも多くの太陽光発電を取りつけてもらうため、所沢市おひさまエネルギー利用促進事業補助金を作り、補助をしています。
埼玉県としての補助金もありますから、国と所沢市を合わせると、3か所すべてから補助金を受けられるので、これをきっかけに太陽光発電を取りつけようと考える人も多いのではないでしょうか。
こうした補助金制度を導入している都道府県や市区町村なら、太陽光発電を取りつけたいのだけれど、と相談しに行けば、いろいろ教えてくれそうな気がします。
県としても市としても、少しでも多くの家が太陽光発電を取り付け、自分たちで使う電気を作り出すようにしてほしいと思っているでしょうし、それが電力確保の新しい方法にもなると考えていると思います。
各家庭で太陽光発電の電気をつかい、余った分は電力会社が買い取れば、電力会社の方も火力発電の量を減らすことができて、まさに一石二鳥でしょう。
太陽光発電に対する補助制度をしっかりと整備しているところなら、太陽光発電の取りつけから補助金の受け取りまで、比較的スムーズにいくのではないでしょうか。