太陽光発電システムの発電コストは大幅に下がっています。

太陽から地球に降り注ぐ太陽光のエネルギーは、一日24時間のうちたったの14秒ほどで全人類が1日で消費する全エネルギーとほぼ同量のエネルギー量になると計算されています。
ですから、莫大な量のエネルギーが常に太陽から地球へ送られているのです。
その膨大な太陽光のエネルギーを、私たち人類が使用できる形のエネルギーに変換する事が現代社会に課せられた難問でした。
液体燃料に変換する事は現時点では実現していませんが、太陽光エネルギーを電気に変換する試みはかなり以前から取り組んでいます。
実際太陽光エネルギーを電気に変換する事は40年以上前に研究所レベルでは成功しているのですが、コストの問題が大きく立ちはだかっていました。
従来の電気を作り出す方法である火力発電システムや水力発電システム、原子力発電システムの運転コストと直接的に比較するなら、太陽光エネルギーによる発電システムの運転コストは非常に不経済なレベルに留まっていたのです。
しかし、過去10年間の科学技術の急速な進歩により、太陽光発電システムの発電コストは大幅に下がりました。
ソーラーパネルの大幅な製造価格下落にともない、ソーラーシステムは一気に普及を広げます。
埼玉でも多くの住宅にすでに太陽光発電システムが設置されており、今後も更なる普及が想定されるでしょう。
今後ソーラーシステムによる発電コストは更に下落すると想定されており、10年後には火力発電所の発電コストを大幅に下回るであろうと試算されています。