太陽光発電は助成を有効活用しましょう

太陽光発電の導入費用は決して安いものではありません。
太陽光発電システム自体の価格はかなり低価格化が進んでいるのですが、導入費用には工事費も含まれるため、4人家族の家庭に最適と言われている4kW程度のシステムを導入するためには200万円前後の費用が必要になります。
太陽光発電ではつくった電力を電力会社に買い取ってもらうことができるので将来的には設置コストを回収することができる場合が多いのですが、それでも最初に200万円もの大金を準備するのは大変なことです。
しかし、太陽光発電の導入については助成を受けることができます。
これは、太陽光発電が温室効果ガスを出さないなど環境に非常にやさしいエネルギーだからで、国も二酸化炭素の減少に寄与できる太陽光発電に手厚いサポートを行っているのです。
太陽光発電の助成の特徴は「トリプルで受け取ることができる」という点です。
トリプルとは国・都道府県・区市町村で、私たちが自宅に太陽光発電システムを設置するときにはこの3つから重ねて助成を受けることができるのです。
ただし、一部の区市町村では助成を行っていないところもあるので、自分のお住いの地域に助成制度があるかどうかしっかりと確認しておきましょう。
では、どのくらいの助成金を受け取ることができるのでしょうか。
まず、国からは1kW当たり3万円、もしくは3万5千円の助成金を受け取ることができます。
これはどこにお住まいの方でも変わりありません。
助成額は1kw当たりの設置費用によって差があるのですが、4kWシステムでは12万円か14万円の助成金を受け取る計算になります。
一方、都道府県や区市町村からの助成金は地域によってかなりの金額差がありますが、太陽光発電に力を入れている地域では数十万円という助成金を受け取ることができます。
なお、残念ながら全国的に見ると助成制度は縮小傾向にあります。
助成額を減らしたり、助成枠を減らしたり、なかには助成制度自体を取りやめてしまったところもあります。
これは地方自治体の経済状況があまり良くないからです。
ですから、助成制度を利用するためにはなるべく早めに申請するほうが良いでしょう。