太陽光発電を福岡で導入するときのコスト

福岡県は全国的に見ても太陽光発電システムを導入する家庭が多いと言われています。
太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の調査によると、設置件数が多い都道府県のトップスリーは愛知・埼玉・東京ですが、福岡はそれに次ぐ全国4位となっています。
では、福岡で太陽光発電システムを導入するためにはどのくらいのコストがかかるのでしょうか。
現在、太陽光発電システムの価格は45万円から55万円が一般的だと言われています。
ですから、もっともよく売れている3.5kWのシステムを購入する場合、150万円から200万円の費用が必要になってきます。
一般の家庭にはかなり高額だといえるでしょう。
ただし、最近は太陽光発電の導入にリフォームローンを利用できるようになってきていますから、ローンの審査に通過すればかなり低利の融資を受けることもできます。
また、太陽光発電システムの導入では補助金を受け取ることもできます。
では、福岡県北九州市にお住まいの方がどのくらいの補助金を受け取ることができるのか見てみましょう。
まず、国からの補助金は「1kW当たりのシステム価格が47万5000円以下のもので1kW当たり3万5000円」あるいは、「1kW当たりのシステム価格が47万5000円から55万円以下のもので1kW当たり3万円」となっています。
つまり、3.5kW当たりの補助金は10万5000円、あるいは12万2500円となります。
また、福岡県は現在補助金制度を実施していないため、補助金は受け取ることができません。
北九州市からは設置一件につき6万円という補助金がもらえます。
この金額は設置するシステムの規模や価格などに関係なく一定になっています。
ただし、予算額が2300件分しかないため、確実に補助金をもらうためには早めに申請を行ったほうが良いでしょう。
このように、福岡県北九州市で太陽光発電システムを導入するときには国と市から20万円弱の補助金を受け取ることができます。
これは設置費用のおよそ1割程度になりますから、かなり負担の軽減となるでしょう。